生きづらい

生きづらい人あるある

特例子会社に関する3つの誤解

この記事は

 

障害者雇用を検討している方

□我が子を特例子会社に入社させたい方

などを対象にした記事になります

 

 

特例子会社は、ざっくり言うと

 

障害者雇用を専門に行っている会社です

 

 

 

規模が比較的大きい会社の

 

子会社で障害者雇用を専門にしています

 

 

結構誤解されている事が

 

多いので記事にしてみました

 

 

 

1:本人に合わせた仕事を割り当ててくれる

 

 

確かにこの部分はありますが

 

完全にそうともいえません

 

業務の基準が明確に決まっており

 

そのレベルに達してないと採用されない事は

 

割とあります 

 

 

 

 

 

2:配慮が手厚い

 

 

これも完全には、というところです

 

ここまでは配慮するけどこの先は、

 

ちょっと難しいという基準もあるので

 

意外とドライです

 

 

 

3:指導員が優しい

 

 

 

優しく対応する為に

 

特例子会社は事業運営しているわけでは

 

ありません

 

 

優しく対応するところもあれば

 

割と厳しいところもあります

 

 

障害者を雇用することが

 

目的の運営なので

 

福祉的な対応を求めるのは大きな勘違いです

 

 

 

 

いかがでしょうか

 

特例子会社は

 

人気もありますからなかなか入社が

 

難しいケースも度々あります

 

 

では入社が無理かと言われると

 

そういうわけではありません

 

 

例えば

 

つながりが深い就労移行支援事業所が

 

ありますからそこを経由して入るという方法が

 

あります

 

 

支援機関となる、就労移行支援事業所が

 

バックについてないと採用しないという会社も

 

あります

 

 

どうしても特例子会社に入りたい人は

 

そうするといいでしょう